職員より…ふわりんクルージョンに行ってきました!!!

3月22・23日(土・日)、地域福祉の勉強のため、「ふわりんクルージョン 2014 〜明るく楽しい社会的包摂〜」に行ってまいりました!

東京(両国)での研修で、男スタッフ5名で、新幹線に乗って行ってきました!

 

沖縄(いけま福祉支援センターさん)や、東北(NPO法人ハックの家さん)などなど、全国各地で地域に根付いた活動が紹介されました。

経済活動や、まちづくり(民泊、近所の方のボランティア)の地域福祉の取り組みが広がっています。

しかし、重症心身障害児をもつ野田聖子議員のお話や当事者・親御さんのお話を伺うと、受け皿の社会資源が無かったり、資源を繋げるネットワークが無かったり、まだまだ問題が多くあることがわかりまさした。

 

改めて「障がいがあっても幸せになれる」地域、社会になっていけるようにしていかなければと感じた次第です。

利用者さんの選択や自己決定(想いをくみ取る)を、障がいのない人と同じようにできるように、日々考えていきたいと思います。

 

交流会では、主催が知多のNPO法人ふわりさん、社会福祉法人むそうさんということで、東海圏の事業の参加が多く、他業種の方々とも意見交換できてほんとに良い刺激を受けました!

 

このような機会を与えていただき、とても感謝しています。

 

また新たに熱い気持ちで、日々取り組んでいきたいと思います!

201403ふわりん.png201403ふわりん1.png